パンを焼きたくなる小麦粉との出会い

コロナ禍の外出自粛で、パンを買う機会がなくなりました。パンが好きなので、これを機会に自分で焼こうと思うようになりました。もともとパンの素材には、こだわりがありました。そこでまず、パンを焼くための強力粉を探すことから始まりました。有機国産強力粉を探していたら偶然、近県の製粉所...

山形県紅大豆のパウンドケーキ

今年の節分はコロナ感染の影響でお豆のパウンドケーキを焼くことができませんでした。 昨年、丹波の黒豆と山形の紅大豆をたっぷり入れたパウンドケーキを焼きました。黒色と薄紅色の組み合わせが可愛らしく、甘くてもちっとした食感はまさにお豆のパウンドケーキでした。今年はお豆のパウンドケ...

喜界島粗糖が届きました

2月に入って間もなく喜界島粗糖が届きました。 喜界島は奄美大島の東方、鹿児島県と沖縄本島のちょうど真ん中あたりの海上に位置する島です。日本でも珍しサンゴ礁が隆起してできた美しい島です。ここで栽培されたさとうきびはコクのあるまろやかな甘みが特徴です。喜界島の土壌や地形、気候な...

オートミールケーキ

(まぼろしのケーキ) ずっと昔,駅中のカフェで食べたケーキが忘れられません。当時その駅に降り立つと、そのケーキが食べたくてカフェで一休みしたものです。嗜好が同じ友人や義弟などにもそのケーキを紹介し、ちょっとした話題でした。インスタ映えとはほど遠いヨーロッパの田舎で見るような...

オートミール

近年、オートミールは健康食品として注目されています。オートミールは全粒穀物であるため、精白した穀類よりも食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富です。 長いこと便秘で困っていた方にオートミールを紹介したところ、1週間後に血圧が正常値になり、長年の便秘も解消したという電話をいただき...

秋のランチメニュー〈カスレ〉

パウンドメメでは横浜鶴ヶ峰のシェアカフェnicoentで第1金曜日はカフェと焼き菓子の販売、第2・3・4金曜日はカフェとランチをしています。 9月からはランチにカスレをやります!カスレはお豆の煮込み料理でフランス南西部の郷土料理です。...

パウンドケーキのお店での販売について

毎週金曜日は横浜鶴ヶ峰のシェアカフェ「ニコエント」でパウンドケーキを使ったランチ、カフェおよびパウンドケーキの販売をさせていただいております。9月からは月1回、ランチはお休みしてカフェとパウンドケーキの販売だけの日を作ります。パウンドケーキをはじめクッキーなど焼菓子をご用意...

イチジクの思い出

7月に入り、夏の気配を感じる日が増えました。7月のカラッと晴れてはいるけれど、じめじめとした暑さではないそんな日は、フランスの夏を思い出します。フランスの夏は湿気が少なく、夜10時近くまで外も明るいです。私がホームステイをしていたいくつかの家庭では、夏のこの時期はいつも外で...

有機素材を使うことについて

50年近く栄養士として食にかかわってきました。「何を、どんな食材を、どれだけ食べればいいのか」が課題で、「どんな食材を」はとても難しいことでした。 以前は安心安全な食材は無農薬栽培や減農薬栽培の農産物、無添加の食品が中心でしたが、内容が確実なものではなかったようです。普通栽...

méméの由来

パウンドメメのメメってなぁに?と聞かれることがよくあります。「メメ」はフランス語で「おばあちゃん」を意味するのですが、パウンドメメのパウンドケーキのコンセプトを凝縮させた単語として、「メメ」を選びました。パウンドメメのコンセプトについては『パウンドメメについて』のページでも...

冷やしてもおいしい!

パウンドケーキを冷蔵庫から出してすぐお召し上がりいただくと、しっとりとしたクッキーに近いような、普段食べるパウンドケーキの食感とは違った、また新たな美味しさを楽しめます。冷蔵庫から出してしばらく常温に置いておいたパウンドケーキは小麦粉の美味しさが、冷蔵庫から出してすぐのパウ...

パウンドケーキの保存方法

賞味期限は約1週間から10日に設定しておりますが、商品お受け取り後は賞味期限にかかわらず、お早めにお召し上がりください。保存料を使用していないため、湿気や気温に敏感です。開封後はラップ等で密閉し直射日光のあたらない涼しいところで保存してください。夏季は冷蔵便でお届けしており...