イチジクの思い出

7月に入り、夏の気配を感じる日が増えました。7月のカラッと晴れてはいるけれど、じめじめとした暑さではないそんな日は、フランスの夏を思い出します。フランスの夏は湿気が少なく、夜10時近くまで外も明るいです。私がホームステイをしていたいくつかの家庭では、夏のこの時期はいつも外で夕食をとっていました。大きなお皿が配られ、前菜やメイン料理をそのお皿にとりわけて、ワイン片手に団らん。そして、最後にデザートで出てくるのが、イチジクでした。フランスに来るまで、あまりイチジクを食べたことがなかったこともあり、イチジクの美味しさを知ったのはフランスでのホームステイ先でした。夏の時期は生でイチジクをデザートとして食べたり、ピザにして食べたり、イチジクを存分に楽しむことができます。庭にイチジクの木を育てているホームステイ先もあり、そこではイチジクの実を木から取って食べたこともありました。


パウンドメメでもドライイチジクを使ったパウンドケーキを焼いています。ご興味ありましたら、お気軽にお問合せください。


最新記事

すべて表示

山形県紅大豆のパウンドケーキ

今年の節分はコロナ感染の影響でお豆のパウンドケーキを焼くことができませんでした。 昨年、丹波の黒豆と山形の紅大豆をたっぷり入れたパウンドケーキを焼きました。黒色と薄紅色の組み合わせが可愛らしく、甘くてもちっとした食感はまさにお豆のパウンドケーキでした。今年はお豆のパウンドケーキは残念ながら焼くことは出来ませんでしたが、この山形県紅大豆を使って有機宇治抹茶と紅大豆薄甘納豆のパウンドケーキと、黒ごまと

喜界島粗糖が届きました

2月に入って間もなく喜界島粗糖が届きました。 喜界島は奄美大島の東方、鹿児島県と沖縄本島のちょうど真ん中あたりの海上に位置する島です。日本でも珍しサンゴ礁が隆起してできた美しい島です。ここで栽培されたさとうきびはコクのあるまろやかな甘みが特徴です。喜界島の土壌や地形、気候などの環境の味なのでしょう。鹿児島県喜界島産サトウキビを100%使用し、島内の製糖工場で風味を生かした製法で仕上げた粗糖は精製さ

オートミールケーキ

(まぼろしのケーキ) ずっと昔,駅中のカフェで食べたケーキが忘れられません。当時その駅に降り立つと、そのケーキが食べたくてカフェで一休みしたものです。嗜好が同じ友人や義弟などにもそのケーキを紹介し、ちょっとした話題でした。インスタ映えとはほど遠いヨーロッパの田舎で見るような素朴なケーキでした。やがてそのケーキがカフェから姿を消して以来、あのケーキは忘れられない私のまぼろしのケーキとなりました。 最

​ ©2020パウンドメメ