近況報告(メメのキッチン①)

新型コロナウイルスの影響で4月からパウンドケーキの通販とシェアカフェの営業自粛で休ませていただいております。毎日工房に閉じこもりる日々が続いております。

出来るだけ外出しないようにしています。そのため、日々の生活必需品は全て宅配でまかなっております。日頃は考えられないことでしたが、宅配の注文が多くなり、流通体制のひっ迫などにより欠品が多くなりました。欠品が多くて冷蔵庫はすかすかでこれから1週間どうやって食生活を満たしていこうかと不安になることもあります。困った時にと買ってあった缶詰や乾物や冷凍しておいたものが役に立つ時です。同じ献立が続くと食事に偏りが出たり、飽きて食欲が落ちることもあるでしょう。家に残っている食材を十分生かしてバランスの取れた食事を楽しむことが新型コロナウイルスに対する免疫力を高めることにつながるのでしょうか。

今日のメメのキッチンの昼食は洋風かば焼きどんぶりと大根のゴマネーズサラダです。イワシのかば焼き缶詰と大根がたくさんあったので丼献立にしてみました。いわしの缶詰は味が濃く煮詰めてあるのでさっと熱湯をかけて余分な煮汁を落としました。ホイルにイワシを広げて乗せ、玉ねぎのみじんと赤ピーマンの細切りをのせて上にとろけるチーズをかけてオーブンで焼きました。大根は千切りにして、軽く塩でもみ、よく絞りました。さっと下茹でしたせん切り人参と細かく切った大根の葉をごまを練り込んだマヨネーズであえました。野菜たっぷりで乳製品もとれて美味しい1品になりました。



最新記事

すべて表示

パンを焼きたくなる小麦粉との出会い

コロナ禍の外出自粛で、パンを買う機会がなくなりました。パンが好きなので、これを機会に自分で焼こうと思うようになりました。もともとパンの素材には、こだわりがありました。そこでまず、パンを焼くための強力粉を探すことから始まりました。有機国産強力粉を探していたら偶然、近県の製粉所の有機国産強力粉に出会いました。一生懸命に心を込めて作っていることが伝わってくるような小麦粉でした。ふと思い出したのは、パウン

山形県紅大豆のパウンドケーキ

今年の節分はコロナ感染の影響でお豆のパウンドケーキを焼くことができませんでした。 昨年、丹波の黒豆と山形の紅大豆をたっぷり入れたパウンドケーキを焼きました。黒色と薄紅色の組み合わせが可愛らしく、甘くてもちっとした食感はまさにお豆のパウンドケーキでした。今年はお豆のパウンドケーキは残念ながら焼くことは出来ませんでしたが、この山形県紅大豆を使って有機宇治抹茶と紅大豆薄甘納豆のパウンドケーキと、黒ごまと

喜界島粗糖が届きました

2月に入って間もなく喜界島粗糖が届きました。 喜界島は奄美大島の東方、鹿児島県と沖縄本島のちょうど真ん中あたりの海上に位置する島です。日本でも珍しサンゴ礁が隆起してできた美しい島です。ここで栽培されたさとうきびはコクのあるまろやかな甘みが特徴です。喜界島の土壌や地形、気候などの環境の味なのでしょう。鹿児島県喜界島産サトウキビを100%使用し、島内の製糖工場で風味を生かした製法で仕上げた粗糖は精製さ